GPS端末は、車の使用者の気づかないような

e-興信所結婚ガイド
e-興信所結婚ガイド■HOME >> GPS端末は、車の使用者の気づかないような

GPS端末は、車の使用者の気づかないような

GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在いる場所を把握したり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。あまり、車を運転しない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。


これで相手がどこをどう移動して、何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやめるべきです。


パートナーを裏切ったことがバレた途端に相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。その上、浮気相手との会話によって精神的に、大きく消耗することになります。


例えば、携帯で通話した履歴から浮気の証拠を掴めます。携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。



最近ではメールや、LINEなどのアプリを通じて連絡をする機会も増えましたが、やはり好きな人の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。ふとした時に電話している可能性は十分ありえるのです。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、お金がかからなくなります。というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日常からパートナーの行動を観察しておく必要があります。


そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットがあります。


探偵は頼まれたことの調査をやるだけではそれで終わりとは言えません。浮気の実態を調査し始めると、トラブルが発生する可能性があります。

そういう時には、依頼した人のことを何よりも先に気にしてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。信頼できる探偵の見分け方は、お話を進めるときの印象などで慎重に判断する事を心掛けてください。日頃、相手の行動の様子をよく見ておくことは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるのには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方がトラブルの心配もなく、安心です。


そして、探偵をお願いした場合は、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。
離婚ということになってもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場を押さえてしまう方法もアリです。その場合でも、自分だけで乗り込むというのは大きい揉め事の原因になりうるので、避けるのが賢明です。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。


信頼できる人が同行できないときは、探偵に依頼するのがベストだと思います。食事をした際に店で発行する領収証には定食の数から一緒にいた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と特定する材料となります。ほかに、クレジットカードで決済した時はしっかり月ごとに見るようにします。



出張の際の宿泊がビジネスホテルではない場合やシングルでの使用にしては高額な宿泊費だったりすると、誰かほかの人と一緒にいたおそれがあります。

せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者のちょっとした言動で、調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。
いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

失敗した場合の代金についても、契約を交わす際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。探偵による調査は高額ですから、自分でやってみようとする人もいるものです。テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に違和感を感じさせなく、尾行するのはとても技術がいるでしょう。
変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の決定打を見逃してしまう可能性もあります。
相手の行動を見逃さないためには、浮気調査は探偵がしたほうが確実です。

メニュー

Copyright (C) 2014 e-興信所結婚ガイド All Rights Reserved.