探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限ら

e-興信所結婚ガイド
e-興信所結婚ガイド■HOME >> 探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限ら

探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限ら

探偵の浮気調査を例に挙げても毎回成功するとは限らないでしょう。
探偵は浮気調査をよくやっていても、思わぬミスをすることがごく稀にあります。


尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。



加えて、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。

夫の浮気相手のところに妻が談判に行って惨憺たる状態になるのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、相手を刺したり、殺してしまうサスペンスドラマも少なくありません。配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのもあっていいやり方でしょう。


離婚まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。動き方を書き留めておくことで浮気の根拠を示せることもあります。

普通は、人間の一日一日の行動には習慣ができます。
にもかかわらず、浮気をしてしまっていると、決まったパターンが崩れます。


変わった曜日や時間帯を断定ができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の証明ができる可能性が上がります。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいのケースもあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、金額は低いです。それに、不倫した相手が浮気を認めない際は証拠が必要になります。どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。



自分の配偶者が、浮気という過ちを冒していても結婚生活を解消したくないのなら密会の場面に行こうとするのはやめるべきです。浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、別れなければいけなくなってしまうこともありえます。また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に追い詰められてしまうかもしれません。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。
双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策や行方不明者の捜索みたいな違いのない仕事です。

しかし、差があるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。



着る洋服を見ることで決定的な浮気の証拠を発見できます。
人が浮気をすると、分かりやすく現れるのは変化していく服装です。


お洒落には今まで関心がなかったにもかかわらず、突如おしゃれに関心を持つようになったら用心しましょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。探偵の特徴としては、怪しむ人のないように充分に用心しながら目立たないように調査を進めるのに対して、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、まず身分を明かしておいてオープンなやり方で情報を集めるようです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、興信所はというと、対象に関する情報の収集に適していると見てよさそうです。実際、もう離婚になってもいい、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

しかし、単独で行くのは、喧嘩になりやすいので、避けるのが賢明です。
あなたが信じて頼れる人と行けば、頭に血が上って事態を悪化させることがないでしょう。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に依頼すると良いです。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」です。

実費には移動にかかる費用、写真撮影にかかる費用などですが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることもあるみたいです。



一方、時間給の方は、調査員の数×調査を行った時間で、費用が算出されます。短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。

メニュー

Copyright (C) 2014 e-興信所結婚ガイド All Rights Reserved.